おうしゅうちゅう

学長公邸

学長公邸について

総督府はドゥブロヴニク共和国において中心的な役割を担っていました。今日でもドゥブロヴニクで最も重要なモニュメントの一つです。宮殿は15世紀半ばにルネッサンスとゴシック様式で建てられ、細部にはバロック様式が取り入れられています。

最近では、「ゲーム・オブ・スローンズ」で重要な位置を占めるようになった。デナーリス・ターガリエンがクアースのスパイス王に、ナローシーを渡るための船を依頼するシーンで、学長公邸の正面が背景として登場するのだ。

ドブロヴニク博物館の一つであるレクター宮殿では、肖像画、城門の鍵、文書など、ドブロヴニク共和国の豊かな遺産を数多く見ることができます。

所在地