ゲームオブスローンズパイルゲート

パイルゲート

パイルゲートについて

には、5つのパッセージがあります。 ドブロヴニクの壁しかし、主なものは西側のパイル・ゲートです。こちら側の海からのアクセスは、ロヴリイェナツとボカールの要塞によって守られている。門に渡るための橋の建設は、1397年にシエナのイワンによって始められた。当初は、一本のアーチと石のベンチがあるだけの簡単な石橋だった。1471年、パスコイェ・ミリチェヴィッチの設計により、3つのアーチが作られました。この有名な建築家はドゥブロヴニクで他の多くの建物を設計しました。パイルゲートの建築の最終段階は1533年から1537年までで再構築され、重い木製の扉が追加されました。ラグーザ共和国の時代、扉は毎晩閉められました。門の上には街の守護神である聖ブレーズ像があり、その姿はどの街の門にも見られます。

キングスランディングのパイルゲートは、シーズン2でラニスターがマーセラ姫に別れを告げるために海岸で待っていた場所で使用されています。パイルゲートは、後にシーズン3初演「ValarDohaeris」でサンサとシェイが船を見ている石のドックで、リトルフィンガーがサンサと話しに来た場面でも使われている。

所在地